土質試験ソフトウェア開発の専門家 日本システム管理株式会社

土質試験・地盤調査・自動計測・電子納品ソフトウェアを開発・販売

土質試験・地盤調査・自動計測・電子納品ソフトウェアを開発・販売

国交省 電子納品チェックシステム改訂のお知らせ

2018年1月11日に電子納品チェックシステムが改訂されました。

改訂された電子納品チェックシステム

  • 電子納品チェックシステム(土木)Ver.11.0.0→ Ver.12.0.0
  • 電子納品チェックシステム(電通)Ver.7.0.0 → Ver.7.0.1
  • 電子納品チェックシステム(機械)Ver.5.0.0 → Ver.5.0.1

電子納品チェックシステムの主な変更点

1. 下記の要領等に対応

  • UAVを用いた公共測量マニュアル 電子納品補足資料 H29.7
  • LandXML1.2に準じた3次元設計データ交換標準 H29.3
  • 空中写真測量(無人航空機)を用いた出来形管理要領(土工編)(案) H29.3
  • 地上型レーザースキャナーを用いた出来形管理要領(土工編)(案) H29.3
  • 地上型レーザースキャナーを用いた出来形管理要領(舗装工事編)(案) H29.3
  • TSを用いた出来形管理要領(土工編)(案) H29.3
  • TSを用いた出来形管理要領(舗装工事編)(案) H29.3
  • TS(ノンプリズム方式)を用いた出来形管理要領(土工編)(案) H29.3
  • RTK-GNSSを用いた出来形管理要領(土工編)(案) H29.3
  • 無人航空機搭載型レーザースキャナーを用いた出来形管理要領(土工編)(案) H29.3
  • CIM導入ガイドライン(案) H29.3
  • CIM事業における成果品作成の手引き(案) H29.3

2. 下記不具合を修正

  • 地図表示でボーリングが複数の場合でも1ヵ所しか表示されない。
  • [CAD]図面ファイル名のユーザー定義領域のチェックで、9文字目が「-」以外でエラーにならない。
  • [CAD]CADの管理ファイルのファイル名のユーザー定義領域に半角スペースが含まれていた場合に半角スペースが省略される。
  • [地質]地質要領H28.10で作成した地質図面に関するレイヤチェックでエラーとなる。
  • [地質]業務管理ファイル(H28.3)、工事管理ファイル(H28.3)と同じ発注機関コードをボーリング交換用データに入力するとエラーとなる。
  • [地質]電子納品チェックシステムのBORING\DATA\BEDnnnn.XML の適用規格のエラーメッセージ「JIS A2005-2012」はAと2の間に半角スペースが抜けている。
  • [地質]地質の試験のコードの誤記で、標準貫入試験のコードを”JIS A1219-2013″から”JIS A 1219-2013″に変更する。
  • [工事]チェックの結果出力の工事要領の名称に「等」が抜けている。
  • [測量]測量成果ファイル名のチェックで深浅測量の縦断面図データファイル(B2)と等高・等深線図データファイル(B3)がH25.9.6付の正誤訂正で削除への対応。

詳しい情報はこちらをご確認ください。
国土交通省:電子納品チェックシステム改訂のお知らせ

日本システム管理株式会社

〒815-0031

福岡県福岡市南区清水4丁目22-3

TEL 092-511-6932

FAX 092-511-8992

Mail info@nskanri.co.jp

カテゴリ

カテゴリ内記事